HOME > スポーツ指導者 > 公認スポーツ指導者登録手続き
スポーツ指導者 ■■ ●公認スポーツ指導者 ●公認スポーツ指導者登録手続き ●宮城県スポーツ指導者協議会 研修会のお知らせ


公認スポーツ指導者登録手続きについて


 公認スポーツ指導者の新規登録認定日は、前年度の養成講習会修了者を対象に、10月1日(又は4月1日)と定められており、それにあわせて手続きを進めていただきます。(「スポーツリーダー」資格除く)。
 更新登録認定は、資格有効期限内の研修会を澄まされている方を対象に、それぞれの資格有効期限(各年9月30日か3月31日)にあわせてご案内します。
 資格更新のための研修会については、(財)日本体育協会ホームページでもご確認ください。



  ■1■ 公認スポーツ指導者登録手続きの流れ
  ■2■ 公認スポーツ指導者資格登録料
  ■3■ 更新のための義務研修
  ■4■ 競技・資格別の指定研修
  ■5■ 住所等変更の方法


 ■1■ 公認スポーツ指導者登録手続きの流れ 
〔登録の流れ〕


※ 認定証は初回登録時と資格追加時と資格変更時(例:水泳指導員→水泳上級指導員)に送付します。
※ スポーツドクターの手続きの流れは、スポーツ指導者と異なりますのでご注意願います。


〔登録に必要なもの〕
①  登録申請
 指定された期日までに「登録申請書」を送付してください。なお、更新登録時は登録内容に変更がある場合のみ
 「登録確認書」を送付してください。
②  登録料引き落とし
  指定の口座から資格ごとに定められた登録料を引き落とされます(クレジット決済による引き落とし)。

〔資格登録者特典〕
  本会が発行する情報誌「指導者のためのスポーツジャーナル」の無料配布等(「スポーツリーダー」資格除く)



 ■2■ 公認スポーツ指導者資格登録料 
「スポーツリーダー」と「スポーツドクター」を除く公認スポーツ指導者資格の基本登録料は4年間で10,000円です。
 なお、資格や競技によっては、基本登録料のほかに競技団体登録料、資格別登録料が必要な資格もあります。料金もそれぞれ違いますので、ご確認願います。

〈団体登録料を設けている競技団体〉 
・(財) 日本水泳連盟           ・(社) 日本山岳協会 
・(財) 日本テニス協会          ・(社) 日本アーチェリー連盟
・(社) 日本ボート協会          ・(財) 全日本空手道連盟
・(社) 日本ホッケー協会         ・(財) 日本アイスホッケー連盟
・(財) 日本体操協会           ・(社) 全日本銃剣道連盟
・(社) 日本ウエイトリフティング協会   ・(財) 全日本ボウリング協会
・(財) 日本自転車競技連盟        ・(社) 日本綱引連盟
・(財) 日本卓球協会           ・(社) 日本カーリング協会
・(社) 日本馬術連盟           ・(社) 日本パワーリフティング協会
・(財) 日本ソフトボール協会       ・(社) 日本エアロビック連盟
・(社) 日本フェンシング協会       ・(財) 社会スポーツセンター
・(財) 日本バドミントン協会            〈スクーバ・ダイビング〉
・(社) 日本近代五種・バイアスロン連合 ・(社) 日本ダンススポーツ連盟

〈資格別登録料を設けている資格名〉
・スポーツプログラマー、・アスレティックトレーナー、・クラブマネジャー、・スポーツ栄養士
〔新規登録料〕
  初めて公認スポーツ指導者資格を登録する際(「スポーツリーダー」と「スポーツドクター」を除く)、基本登
 録料の他に新規登録料として3,000円が必要です。
 なお、すでに公認スポーツ指導者資格を保有していて、新たに資格を追加登録する際は必要ありません。

〔追加登録料〕
  すでに公認スポーツ指導者資格(「「スポーツリーダー」と「スポーツドクター」を除く)を保有していて、新
 たに資格を追加登録する際、追加する資格・競技によっては追加登録料が必要です。資格変更時(例:水泳指導員
 →水泳上級指導員)や、追加する資格・競技によっては追加登録料が必要ない場合もあります。
 また、すでに保有している資格の有効期限が残っている場合、追加する資格の有効期限は、保有している資格の有
 効期限にあわせることになります。

例)最初に「ジュニアスポーツ指導員」を登録して、追加で「水泳指導員」を登録する場合:「水泳指導員」を追加
 する際の追加登録料は、「水泳指導員」の登録料20,000円から基本登録料10,000円を引いた10,000円(競技団体
 登録料)となります。なお、資格追加後の資格更新時に両方の資格を更新する場合は、基本登録料10,000円と「水
 泳指導員」の競技団体登録料10,000円の合計20,000円が必要となります。
【注意事項】
 ◎登録料は、「基本登録料」+「団体登録料(資格別登録料)」の合計額となります。
 ◎新規登録の場合、「基本登録料」に初期登録費として一律3,000円がプラスされます。
 ◎「基本登録料」は1人につき10,000円です。複数の資格を登録する場合でも10,000円となります。
 ◎有効期限内に別の資格を追加した場合は、「団体登録料(資格別登録料)」のみかかります。
 ◎サッカー競技資格の登録は1年ごとに、日本サッカー協会への手続きとなります(登録料1年あたり5,000円)。



 ■3■ 更新のための義務研修 
 財団法人日本体育協会公認スポーツ指導者資格の有効期限は4年間と定められており、資格を更新するためには有効期
限が切れる6か月前までに更新のための研修を受けることが義務付けられています。
この研修は、単に資格を更新するためだけのものではなく、指導者の皆様がスポーツに関する最新の知識・情報等を獲
得し、国民のスポーツに対するニーズを敏感に捉えて、実際の指導場面に活用できるようその資質を向上させるととも
に、指導者の皆様の情報交換やネットワークづくりなど、相互の交流を図ることを目的として開催しているものです。
【注意事項】
 各競技別研修会については各中央競技団体、本県の研修会については当協会にお問い合わせください。



 ■4■ 競技・資格別の指定研修 
 水泳、サッカー、スキー、テニス、スケート、バドミントン、剣道、山岳、空手道、アイスホッケー、バウンドテニス、エアロビック(コーチのみ)、プロゴルフ、プロテニス、職業スキー、スクーバ・ダイビング、スポーツドクター、アスレティックトレーナー、スポーツ栄養士、クラブマネジャーの資格者については、競技団体や資格ごとに定められた研修を受けなければ資格を更新できません。
詳しくは、日本体育協会または各競技団体へお問い合わせください。



 ■5■ 住所等変更の方法 
 住所、勤務先等に変更がある方は、下記のいずれかの方法でご連絡ください。
 なお、クレジット機能付登録証をお持ちの方は、株式会社セディア(OMCカード)〔東京:03-5638-3211、大阪:06-6339-4074〕へご連絡ください。

※水泳の指導員、上級指導員の方は、所属する都道府県水泳連盟(協会)へも別途ご連絡をお願いします。なお、所属都道府県も変更される場合は、変更前と変更後の都道府県水泳連盟(協会)の両方へご連絡をお願いします。
※住所変更のタイミングによっては、変更される前の住所へ書類が発送されることもありますので、郵便局への転送手続きをお願いします。

◎所定の用紙に記入し、下記までFAXまたは郵便にて送付(日本体育協会ホームページからダウンロード可能)
 FAX:03-3481-2284 送付先:〒150-8050東京都渋谷区神南1-1-1岸記念体育会館 日本体育協会指導者育成課               
◎Eメールで変更事項を連絡
 公認スポーツ指導者 :touroku@japan-sports.or.jp
 公認スポーツドクター:sports-doctor@japan-sports.or.jp
◎日本体育協会ホームページの住所変更フォームを利用:
 http//www.japan-sports.or.jp/coach/get/index.html